深刻な問題に発展しかねないご近所トラブルについて

憧れのマイホームを買ったものの、住んでみて初めて気づくことが多々あります。
ご近所トラブルもその一つです。
ごみ出しやごみ当番、回覧板、騒音、ペットの排泄物、駐車場、車や自転車の違法駐車、こどもの遊び場や泣き声、塀、庭の木や落ち葉、電気工事など、揉め事となる要素はたくさんあります。
大したことではなくても、毎日のことなので、積もりに積もって深刻な問題になってしまうことも多いので注意が必要です。
賃貸ならば引っ越すことも考えられますが、35年ローンなどで買ってしまった一戸建てであれば、その場所でうまくやっていくしかありません。
しかし、納得できないことや厳重注意をしたい場合など、きちんとした証拠をつけ、第三者を入れて話し合ったほうが良いでしょう。
そのような場合の、証拠集めなどはプロに任せることをおススメします。